IMG_コエンザイムQ10

コラーゲンの生成にも有効なコエンザイムQ10

コラーゲンの生成にも有効なコエンザイムQ10

若いころと比べると、お肌の「しわ」や「たるみ」が気になってきたという人はたくさんいらっしゃると思います。
これらのお肌の「しわ」や「たるみ」などは老化の始まりといえるのではないでしょうか。
そして、この老化を防止することを目的とした「アンチエイジングhttp://pafo.jp/anntieijinngu.html」という言葉が流行しています。
「アンチエイジング」の方法は様々です。
特に近年注目を集めているアンチエイジングの方法は「サプリメント」の摂取です。
ドラッグストアなどでいろいろな種類のサプリメントを手に入れることが出来るようになっています。
この中で特に人気を博しているものが「コラーゲン」です。
この物質は、体の各関節や骨や靭帯などに多量に存在をして、補強材やクッションなどの役割を担っています。
また、この物質は弾力性に富んでいますので、お肌の真皮と呼ばれる部分でしっかりと機能をしていれば、お肌は弾力のあるふっくらとしたものになります。
しかし、この物質は加齢とともに減少をしていくものとなります。
この物質が不足をしてしまうと、関節の痛みやリウマチ、骨粗しょう症などを引き起こしたり、肌のしわやたるみなど老化を進行させる原因にもなります。
つまり、この「コラーゲン」不足がお肌のしわやたるみを引き起こすと大きな要因であると言っても過言ではないのです。


そして、この「老化」を防止するためには加齢とともに減少をしてしまったこの栄養素を補えばよいのです。
補給の方法として効果的な方法は「コエンザイムQ10」を摂取するという方法です。
コエンザイムQ10の栄養素には二つの非常に重要な働きがあります。
まず、一つ目の働きは「エネルギー生成」です。
体外より摂取した栄養素を、細胞内で人間が生きていくために必要なエネルギーに変換をしているのです。
次に、二つ目の働きは「抗酸化作用」です。
細胞が「活性酸素」という物質の攻撃で酸化をしてしまうと、その細胞は機能低下を起こしてしまいます。
この栄養素は「活性酸素」を撃退しますので、細胞の酸化を防止する役割も担っているのです。
それではこの二つの栄養素の関係性はどのようなものなのでしょうか。
この「コエンザイムQ10」は「コラーゲン」を生成している線維芽細胞に作用をして活性化をさせますので、生成効率を大幅に向上させることができるようになるのです。
また、線維芽細胞を「活性酸素」の影響から守ることも出来ますので、線維芽細胞の機能低下の心配もなくなります。
このようにコラーゲンとコエンザイムQ10には密接な関係があり、二つの物質の相乗効果によりお肌をいつまでも若々しく保つ事が出来るようになるのです。